アーチェリーハントとは

P1020363

アーチェリーハントを一言で表すと、「弓矢を使うドッジボール」。

武器(といっても、先端にスポンジが付いた安全な弓矢)を使って撃ち合うことから、サバイバルゲームみたいなものをイメージしますけど、むしろドッジボールと考えた方が分かりやすいです。

公式サイトに書かれているゲーム説明を見てみましょう。

  1. スタートの合図で中央に置いてある弓を取り合え!
  2. 飛んでくる矢を避けながらショット!落ちてる矢は拾ってOK!
  3. 矢が当たったらアウト!コート外に出ましょう。
  4. 弓を空中でキャッチ!もしくは中央の的を射抜けば味方が復活!
  5. ゲーム終了時に残っている人数が多いチームの勝利!
    (1ゲーム5分~10分程度)

これだけだといまひとつ分からないですよね…?

そこで、まずはあなたも小学生の時に遊んだことがあるあずのドッジボールのルールからおさらいしましょう!

スポンサーリンク

ドッジボールの基本ルールをおさらい

  1. 1つのボールを使って、相手チームの人を狙ってボールを投げる
  2. ボールをキャッチできればセーフで、その人が投げ返す
  3. キャッチできずに当たるとアウトになり、その人は外野に移る
  4. 外野からも攻撃できて、相手に当てたら復活して内野に戻れる
  5. 先に相手の内野を全滅させたチームが勝ち

なんとなく思い出せましたか?

ドッジボールとの違い

P1020293

それでは、ドッジボールのルールを思い出したところでアーチェリーハントがどう違うのかを見て行きましょう。

1つのボールではなく、たくさんの矢を使う

ドッジボールは1つのボールを意識していればいいですが、アーチェリーハントはお互いに何本も矢を撃ち合います。

ドッジボール風に例えると、自分が投げようとしている時にも相手チームから狙われることがあるということです。

外野がない

アーチェリーハントには外野が存在しません。

矢が当たったらアウトで、そのゲームにはもう参加できません。

※「殲滅戦」以外は復活ルールあり→ルール参照

セーフティーゾーンがある

コートの中央部にセーフティーゾーンがあり、この中にいるときは矢に当たっても死にません。

逆に、ここから矢を撃って相手に当てても無効です。

ただし、この中にいられるのは1回3秒までで、3秒以上いたらアウトになります。

ヒットは自己申告

相手の矢に当たったら、自分で「ヒット!」と声を上げて退場します。

完全な自己申告制で、審判は存在しません。

当たったのに死なないことを「ゾンビ行為」と呼び、マナー違反になります。

ターゲットを狙う要素がある

「ストライカー戦(→ルール参照)」では、相手コートに置かれた的を全て射抜くことで勝ちになるルールがあります。

この場合、極端に言えば相手チームを1人も倒さなくてもゲームに勝つことができます。

サバイバルゲームとの違い

P1020318

アーチェリーハントがサバゲーの仲間だと考えると拍子抜けすると思うので、サバゲーとの違いも説明します。

相手側のコートには入れない

サバゲーだと相手陣地の奥にあるフラッグを取り合うのが一般的ですが、アーチェリーハントではそもそもセンターラインを越えて相手側には入れません。

なので、「敵の裏に回り込む」みたいな戦術は使えません。

復活ルールがある

サバゲーは弾に当たったらおしまいですが、アーチェリーハントには復活ルールがあります。

弾数が限られている

サバゲーの場合、それぞれのプレイヤーが数百発のBB弾を持っていますが、アーチェリーハントでは矢を敵味方で共有します。

しかも矢の本数は限られていて、1人1本の割当てもありません。

弾を持たないところからスタート

アーチェリーハントでは最初は矢を持たない状態でスタートし、コート中央に置いてある矢を回収するところから始まります。

弾は敵味方で共有する

弾ネタが続きますが、矢は敵味方で共有します。

上にも書いたとおり、全員に行き渡る本数でもないので、相手が撃ってきた矢を拾って打ち返すのが基本的なパターンです。

つまり、「相手が撃ってくれないと、こちら側には矢がない」ということすら起きますw

セーフティーゾーンがコートの中にある

サバゲーのセーフティーゾーンとは「死体置き場」であり、フィールドの外側にありますが、アーチェリーハントのセーフティーゾーンは意味合いがまったく違います。

コートの中央にある円形のエリアがセーフティーゾーンで、そこでは矢に当たってもセーフ・そこから矢を当てても無効という、そういう位置付けのエリアです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする